top of page

【第9回 文化と地域デザイン講座】 1世紀の歴史を有する毎日新聞社発行『点字毎日』編集次長を、「本のある工場」にお招きして! 「点字新聞のつくり方 -取材・編集・読者-」」

2024年1月23日(火)に第9回文化と地域デザイン講座を開催いたします。

今回のゲストは毎日新聞社の横田美晴記者(『点字毎日』編集次長)。実際に点字新聞をご覧いただいたあと、取材の苦心、制作の大変さ、印刷手法、読者層についてなど、リアルな現場の話をうかがいながら、現代における共生社会のありようを、参加者とともに考えてみたいと思います。


【日時】

2024年1月23日(火)

午後6時30分~午後8時30分

(終了後、1時間程度の交流会を予定しています。差し入れ大歓迎!)

【会場】

アカデミックスペース「本のある工場」

(大阪市此花区西九条5-3-10)

(JR大阪環状線・阪神なんば線 西九条駅下車。徒歩7-8分)

【申し込み】

定員20人。先着順にて受け付けます。

申し込みフォームはこちら



『点字毎日』は1922(大正11)年、大阪毎日新聞社が創刊。当時はラジオもない時代でした。

発刊以来、視覚障害者の福祉・教育・文化の向上に寄与するとともに、社会との懸け橋になる役割を果たしてきました。

2022年に「創刊100年」を迎え、世界的にも例がないそうです。

当時の大阪毎日新聞社長が「損得など問題ではない」と言って実現した『点字毎日』の特色は、毎日新聞本紙から原稿を受けるのではなく、全盲の記者らが自ら独自に取材・編集して発行しているところです。


日本文学振興会の「菊池寛賞」(1963年)、朝日新聞社の「朝日賞」(1968年)、日本記者クラブの「日本記者クラブ賞」(2018年)、内閣府「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」(内閣総理大臣表彰)などを受賞。1955年にはヘレン・ケラーが視察に訪れました。1999年には当時の天皇、皇后両陛下が編集部と印刷室を視察されました。


詳細はこちらのファイルをご覧ください。


「点字毎日」横田デスク・講座告知20231012
.pdf
ダウンロード:PDF • 541KB


皆様のお申し込みをお待ちしております。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page