研究所について

代表理事

松本 茂章
Matsumoto Shigeaki

<学歴>

早稲田大学教育学部地理歴史専修卒業
同志社大学大学院総合政策科学研究科博士課程(後期課程)修了

<学位>

博士(政策科学)(同志社大学、2009年)

<経歴>

読売新聞社会部記者、デスク、支局長を経て
2006~2011 県立高知女子大学(現高知県立大学)文化学部 教授

2011~2022 静岡文化芸術大学文化政策学部芸術文化学科/大学院文化政策研究科 教授


2006~2007 関西経済連合会・大阪シアターパークワーキングチームリーダー
2008~2010 高知県立文化施設事業評価委員会委員
2010 高知県総合計画審議会委員
2012~2013 宝塚市文化振興に関する条例検討委員会委員長
2013~2014 文化庁 文化芸術の海外発信形成事業協力者会議委員
2014~ 文化庁長官表彰(文化芸術創造都市部門)選考委員
2015~ 文化庁 アーティスト・イン・レジデンス活動支援を通じた国際文化交流促進事業・協力者会議委員
2014~2015 三島市文化振興審議会会長
2015~ 島田市文化施設運営協議会会長
2015~ 浜松市市民協働推進委員会委員長
2015~ 静岡県オリンピック文化プログラム専門委員会委員
2015~ (仮称)津市久居ホール管理運営委員会委員(2015年から)


2007~ 日本文化政策学会理事
2013~2016 自治体学会企画部会員
2006~2015 日本アートマネジメント学会関西部会長
2015~ 日本アートマネジメント学会長

<研究分野>

政策科学、自治体文化政策、まちづくり政策、文化施設研究

<主な著書>

  • 『はじまりのアートマネジメント』(編著、水曜社、2021年)

  • 『文化で地域をデザインする 社会の課題と文化をつなぐ現場から』(編著、学芸出版社、2020年)

  • 『岐路に立つ指定管理者制度 変容するパートナーシップ』(編著、水曜社、2019年)

  • 『日本の文化施設を歩く 官民協働のまちづくり』(単著、水曜社、2015年)

  • 『継ぐこと・伝えること』(共著、京都芸術センター叢書、2014年)

  • 『SPACの15年 -静岡舞台芸術センターの創造活動と文化政策をめぐって-』(共編著、静岡文化芸術大学、2013年)

  • 『地域の自律的蘇生と文化政策の役割』(共著、学文社、2011年)

  • 『官民協働の文化政策 人材・資金・場』(単著、水曜社、2011年)

  • 『入門 文化政策 地域の文化を創るということ』(共著、ミネルヴァ書房、2008年)

  • 『指定管理者は今どうなっているのか』(共編著、水曜社、2007年)

  • 『呼吸するお寺』(共著、創教出版、2007年)

  • 『芸術創造拠点と自治体文化政策 京都芸術センターの試み』(単著、水曜社、2006年)

  • 『大阪力事典 まちの愉しみ・まちの文化』(共著、創元社、2004年)

matsumoto_s_img.jpg